2017年3月17日金曜日

ラピュタ写真部2-1 青梅草の里へ


みなさん、青梅草(おうめそう)ってご存知で?





福寿草の野生種で古典品種、
見られる場所が限られているから貴重らしいですよ。


2月半ば、そんな秘密の里へ
第2回ラピュタ写真部、行ってきました。
もっちろん、しずく姐さんのシマです(^o^)/

書こうと思っててひと月も経っちゃった!



さてさて。

雪割る青梅草&福寿草。
そんな姿を撮りたくて
朝、ちょっと早めに西多摩の駅へ集合した
しずくさん、ずーたさん、あたいのラピュタ写真部3人組。

植物写真家のいがりまさし先生の写真教室で知り合った仲間です。



目的の群生地は
駅から1日2便しかバスがないという
あたい至上ナンバーワン秘境地!

今回は3人いるし、ということで
タクシー奮発、楽々の到着デス(^o^)/


▼里の入口、数日前に降った雪が
枝々に残っていて、期待があがりまする。





▼おせんべい『雪の宿』みたいな雪。







▼目をこらすとあちこちに福寿草&青梅草が。
でも陽がないうちは閉じているのです。




陽が昇るまでにしか撮れない写真を、と。









▼「雪の日影が青く写るよ」と
しずくさんに教えてもらって撮ってみた。
出来はよくないけど(^_^;)
ほんっっとにしずくさんには感謝でいっぱい。





▼これも見つけたのはしずくさん。





▼これも。




雪のたまご。青いたまご。

しずくさん曰く、
「空の青色が写りこんでるんだね」と。


▼ホントだ、見上げれば青空!




小さなもの、低いもの、高いもの、遠くのもの、
いろいろ見つける高感度「しずくセンサー」
あたいのカメラに搭載したいなぁ。





だんだんと陽が高くなってきて。
だんだんと花びらが開いてきて。




















▼青梅草の特徴だという
グリーンがかった金鋼色のつぼみ、





▼そして、花びらが一重で、中央が萌黄色なのが
福寿草との違いなんだって 〆(^∇゜*)メモ




這いつくばって撮っていて
ふと顔をあげるとそこになにか.....





▼あ、ずーたさんとしずくさんも
地面に張りついてた(∩´∀`)∩




ずーたさん、ガーデニンググッズのヒザあてを持参してて。
あたいも今度持ってこよ。



▼老いの みの吉(飼犬)をふと思い出し。




夢中になって撮っていたら帽子をどこかへ落してきちゃった。

▼探しにもどって拾い上げたら
なんだか可愛いくてパチリ。





▼踊ってるみたいな草ちゃん。





▼背景のシックな色にときめいて。






里山にたった2軒の民家と畑だけ。
のどかな暮らし、と憧れるのは
よそ者の勝手な解釈なのかな?

なんてことない景色のようだけど
この世のすべての色がここにあるように感じてしばし見とれ。





こんな里家で10日くらいでいいから
笛ふいてフィドル弾いてのんびり過ごしたいなぁ。

あ、でも鳥の繁殖期に笛ふくと
混乱するそうだから気をつけないとね(*´з`)~♪



たまたまこちらの民家の方が山道を通ってきました。
私たちは立ち上がって挨拶をして。
なんと数年前に
しずくさんが某所で親切を受けたお方だったのでした。


話によると
青梅草を盗み持って帰ってしまう人がいるのだそう。
そういえばネットの園芸店でも
『青梅草』として販売しているお店があるんだよね。
ほんの小さな1株が5000円くらいで売られているけど
どうやって手に入れたのかなぁ?



あたいの行っているいがりまさし写真教室では
毎回かならず最初に先生が注意するのが
「自然への負荷」なんだよね。
撮るのに夢中になって踏みつける、入り込む。
当然『持ち帰る』は無いよね。拉致反対!


鉢植えじゃなくて、
野々に顔だす青梅草を
「もうそろそろかな」と逢いに行くってのがいいんじゃない?
「待ち遠しさ」を楽しむってかね。






名残惜しいけど次へGO!






▼トナカイのオブジェにみえたあたいは
「オシャレ雑貨」に毒されてるんでしょーねぇ。





▼山の中に見えて来た、あの家が次なる目的地です。






【本日のスペッシャルコーナー】
ステンドグラス教室に通っているしずくさん。
イヤリング(ピアス?)に太陽が透けて
緋色の光がチラチラと映ってカワイイ!
その光を捉えることができなかったのが残念でした(;^ω^)ゞ




(つづく)