2017年4月6日木曜日

♪すみれ色の涙


(昨日のつづき)








桜を見上げてばかりいたけど、
足元を見ると……





▼すみれだ!







昔、『♪すみれ色のなみだ~』って
岩崎……だれだっけ、
『タッチ』の妹のお姉ちゃんの方が
歌った歌があったやね。

小学生のころってそーゆーの信じるから
「すみれ色の涙!?
恋をするとそんなんなるんだ?」って思ってたな~



他にも、
『夕暮れの街角 覗いた喫茶店』とか
『紅茶の美味しい喫茶店で
白いお皿にグッバイバイバイ』などと
大人になって恋をすると
いろいろとやることがあるんだなぁと思ってたっけね。


それよりまだ幼いころには、
『♪いつかはあなたの住む街へ
ゆくかもしれません~ルルルン ルンルン』
という歌詞を信じて
いつか花の子ルンルンが空から気球にのって
やってくるのだと、日がな空を見上げ。

ルンルンに会ったときに見せる用に
アニメの最後に1つ紹介される花言葉を
ノートに書き溜めて持ち歩いてましたがな。


あたいも女の子だったわねっ!


さてさて、写真に戻り、

▼これ、手前のグリーンが直線的で
不自然なかんじなので、
禁じ手(?)の「葉っぱをちょっと動かす」をやったら、





▼手を加えたバチが当たったのか
左側の葉っぱにピントが合わなくなっちゃった(;^ω^)ゞ




拡大してみると、

▼左=1枚目の写真(ピント合っている)
▼右=2枚目の写真(ピンぼけ)




ねー、ねー、
なんでいがり先生の写真は
構図もよくて、ピントもいっぱい合ってんのかの?


構図を考えるとピントが合わなくなるし、
ピントを合うと構図がイマイチになるし、

という繰り返しです。日々。はい。


いがり先生がいう、
「ピントがたくさん合う面」が
なかなか見つけられぬ日々です。はい。